Bitcoin.comのクラウドマイニングを徹底解説!30万投資してみた!

みなさん、クラウドマイニングしてますか? ビットコインのクラウドマイニングは大フィーバーですね。 HashFlareGenesis Mining, Hashing24と軒並みのビットコイン採掘プランが売り切れ続出となっています。 そんな中、コメント欄で教えていただいたBitcoin.comが気になっています。 HYIP臭が漂う、自分の中で怪しさナンバーワン。 ところが、調べてみると意外に評判がいいので思い切って30万円投資してみました。

Bitcoin.comって?本社はなんと東京で登記はカリブ海

ビットコインドットコムのクラウドマイニングを知る前に、ビットコインドットコムって何か調べてみます。 ウェブサイトには下記の記述があります。 はっきり言ってよくわからない!うさんくさい!
Bitcoin.comはビットコインに関連するすべてのもののためのあなたの最高の情報源です。私たちはあなたがビットコインを購入するのを助け、ビットコインウォレットを選ぶことができます。最新のニュースを読むことも、Bitcoinフォーラムでコミュニティに参加することもできます。これは、ウォレット、取引所、その他のビットコイン関連の企業をリストアップした商用Webサイトであることに注意してください。
ビットコインに関する総合ポータルサイトって感じでしょうか? これだけだと、HYIPっぽくて正直怪しい…。 そこで、会社情報を確認すると詳しい記載がありました。 ここで衝撃的な事実が。
あなたの会社に関するさらに詳しい情報がありますか? Bitcoin.com (Saint Bitts LLC) はセントクリストファー・ネイビスに登録されており、本社は日本の東京にあります。 Roger VerはBitcoin.comのCEOです。彼はBitcoin企業の最初の投資家であり、2011年からBitcoinを広めていることで有名です。Bitpay、Kraken、Purse.ioなどのBitcoin最大の企業を投資して育ててきました。 Bitcoin.comプールは、ビットコインの一番最初のブロックの採掘と2016年9月21日のプライベートベータ版に参加しています。そして、2017年3月6日に一般公開されました。また、クラウドマイニングサービスは2017年5月17日に一般公開されました。 弊社の詳細はこちら:http://bitcoin.com/about-us
Bitcoin.comの本社はなんと東京です。 えーーーー。 そして主にタックスヘイブンとして利用されているカリブ海のセントクリストファー・ネイビスという島国に登記があります。 あ、怪しい…。 まぁ、タックスヘイブンを利用している欧米の会社もある訳ですが…。

Bitcoin.comのマイニングの実態は?

ここで気になるのがマイニングの実態があるか?という点です。 この手のHYIPはマイニングの実態はなく、自転車操業、ネズミ講、マルチ商法で資金を回していることが多いです。 よって、マイニングの実態がどれほどあるかが、見極める1つの要素になります。 Bitcoin.comの説明によるとデータセンターは北米にあるようです。 本当か??
データセンター 私たちは、北米最大のビットコイン採掘ファームとパートナーシップを組み、クラウド採掘ハッシュレートを最適な価格で提供しています。
2017年6月21日のブログでもデーターセンターについて触れられていますが、具体的なデーターセンターの名前は出てきませんでした。 https://news.bitcoin.com/bitcoin-com-cloud-mining-contracts-record-daily-sellouts/ 別の記事では「Bitcoin.com is partnered with the largest U.S.-based data center」とありますので、北米でも、米国にデーターセンターがあるようです。 また、「Bitcoin.com in partnership with a large confidential North America-based data center」とあるので、極秘みたいですね。 怪しいよ、怪しすぎるよ! 下記もご参考ください。 仮想通貨投資で騙されないために!詐欺を見破る3つの方法

Bitcoin.comは詐欺なのか?意外な結果が

もうコレ、100%詐欺、SCAMじゃん!と確信していたのですが、調べてみると意外なことに、評判がいいんです。 例えば、下記のサイトで確認すると10点満点中、9点という高評価。 http://bitcoincloudmining.org/en/bitcoin-com-pool-cloud-mining/ そして決定的なのは私が採掘見積もりによく使うCryptoCompareの採掘プランランキングに載っていること。 しかも、投資回収期間も悪くない あやしいです、オススメしないです。 でも、分散投資の観点から10TH/sほど買ってみることにします。 (懲りないねぇ…)

Bitcoin.comのクラウドマイニングの特徴とは?

Bitcoin.comのクラウドマイニングの特徴として、ウェブサイトで挙げられているのが下記の3点です。
  1. 採掘者にとって最も高い利益が得られるプール 私たちは、ブロック報奨金を110%支払い、PPSおよびPPLNSに対し、手数料を0%としています。
  2. クラウド採掘 今すぐクラウド採掘プランを利用して採掘を開始できます!稼働率100%を保証します
  3. 史上初のBitcoin Unlimited Pool 史上初のBitcoin Unlimitedプールとして、ブロック上限撤廃への改革をけん引して行きます。
特に、1と3が注目する点ですね。 1はブロック報奨金が110%貰えるので収益性を高められる可能性があります。 しかも、手数料が0。 ここでいう手数料とはマイニングプールの手数料であって、採掘プランの手数料(マイニングハードウェアのレンタル代や電気代、人件費などもろもろ含んだもの)は0ではないのでご注意を。 3は、Bitcoin Unlimitedすなわちビットコインキャッシュのマイニングもできます。 管理人自体はビットコインキャッシュ(BCC)のマイニングには今のところ、あまり興味はないのですが…。 Bitcoin.comのクラウドマイニングはビットコインもしくはビットコインキャッシュの採掘のみ可能です。 他のクラウドマイニング業者のようにオルトコインのマイニングはないのでご注意を。

Bitcoin.comのクラウドマイニングプランの種類は?事前購入がお得!

ビットコインの契約プランですが12ヶ月と無期限のプランがあります。 無期限のプランといえば、Genesis Miningが有名どころです。 それに比べて、Bitcoin.comは事前販売があり、割引が利いているため、初期費用が抑えられるメリットがあります。 具体的に下記が採掘プランの1TH/sあたりの費用を見てみましょう。 1TH/sあたりの費用がそれぞれ、299USD, 269USD, 199USDと異なっています。 この違いはいつからマイニングできるか?という点になります。 当日からマイニングするLifetime Planの場合には購入直後から採掘が始まります。 その代わり、初期費用は1TH/sあたり299USDになります。 一方、9/30から採掘するLifetime Plan Pre-Order1の場合には、1TH/sあたり、269USDということでかなり格安になっています。 さらに10/31から採掘するLifetime Plan Pre-Order2の場合には、なんと、1TH/sあたり、199USDとなり、当日採掘に比べて約30%ほどお得になっています。 よって費用を抑えたい場合にはPre-Order2で購入するのが吉でしょう。 その代わり、キャンセルはできませんので、ビットコイン価格が暴落したり、採掘難易度が急上昇するということが、採掘開始までに起こるリスクをとることになります。 また、この手の事前予約はHYIPなどにありがちな手口(払い出しせずに金を集める)に思えるので、かなり怪しい部分もあります。 (まぁ、現物買いでも同じリスクは置きますが、回収額に差が出ます) このあたりの特長を見ていくと、HashFlare や Genesis Miningと比べてコレ!という点はないものの、分散投資の観点からは問題ないと個人的には判断しました。

Bitcoin.comのクラウドマイニングの投資回収期間は?

では、実際の投資回収期間はどうなるのでしょう。 管理人は現物買いでまずは試してみます。 10TH/s購入するとなると、2,990ドルになります。日本円で約33万円ほどですね。 Bitcoin.comには便利な採掘量見積もりツールがついています。 まずはコイツで採掘量を見積もると…。 1日あたり、12ドルという見積もり結果がでました。 よって投資回収期間は2,990÷12=250日=約9ヶ月弱ということになります。 事前購入プラン(Pre-Order)に比べると初期費用が高いのでどうしても投資回収までの期間が長くなります。 ちなみにPre-Order2プランの場合には投資回収期間は1,990÷12=166日=約6ヶ月弱となります。 よってPre-Order2プランのほうが半年で回収可能となる計算です。 ちなみに、管理人大好きのCryptoCompareでも念のため見積もり計算してみました。 10TH/sで1日あたり、11.29ドル、1ヶ月当たり338.70ドルという結果になりました。 こちらのほうがより現実的な値に近いと思いますので、もう少し回収期間は上記より長いかもしれません。 まぁ、あくまでビットコインの価格が現状の1BTCあたり、4100ドル近辺で、採掘難易度が上昇しないという前提になりますので、当然、回収できなくなるリスクはあります

Bitcoin.comのクラウドマイニング申し込み手順

Bitcoin.comのクラウドマイニングの申し込み手順を紹介します。 はじめにクラウドマイニングページを開きます。

購入したいハッシュレートを指定

次に購入したいハッシュレートを指定します。 管理人は10TH/sを購入しました。この場合、初期費用は2,990ドルですので、約33万円です。 次に「購入」ボタンをクリックします。

契約内容の確認とアカウント登録

次に契約内容の最終確認と、アカウント登録を行います。 紹介コードには「plYLCs」を入れていただくと2%分の前売りのハッシュレートが追加でもらえます。 また、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力してください。 購入と同時にアカウント登録ができます。 ビットコイン受け取りアドレスがある場合にはそれも入力しておきます。 なければ、後から追加できるので、入力しなくて大丈夫です。 受け取りアドレスはcoincheckビットフライヤーで作成できます。 PPS/PPLNSは報酬の計算方法です。 よくわからなければ、PPSのままでOKです。 後から変更も可能です。 「登録」をクリックして登録します。 クリックすると契約事項について表示されますので、内容確認できたら「閉じる」をクリックします。

ビットコインで代金を支払い

次にビットコインの支払い画面が出てきます。 ビットコインの額と送信アドレスをコピーしておきましょう。 次にビットフライヤー(coincheckでも自分のウォレットでもOK)からBitcoin.comにビットコインを送付します。 注意点としては優先度を高めにするということです。 「もったいない!」と思うかもしれないですが、これが低いと入金にものすごく時間がかかります。 入金確認されないなど思わぬトラブルに巻き込まれるので、ぜひ高めにしておいてください

ビットコインで入金を確認

ビットコインで入金が確認されると下記の画面に変化します。 一度、閉じてしまった場合にはBitcoin.comの「Purchased Contracts」もしくは「購入済みプラン」をクリックしてみてください。 ビットコイン受け取りは2承認(2 confirmation)で契約が有効になります。 (承認数はビットコイン上でどれぐらい確かに受け渡しができているかの指標) 契約が有効になると登録したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。 これで契約購入完了です! 「Purchased Contracts」もしくは「購入済みプラン」をクリックして確認すると、「Active」もしくは「有効」になっているはずです。

Bitcoin.comではじめての採掘報酬!

1日半経過して、ついにフルの採掘報酬の配当が出ました! 無事に出てくれてよかったぁ~。 まだ、自分のウォレットには移動させていないですが、今後の経過も逐次ご報告していきます。

Bitcoin.comのPPSとPPLNSの違いは?

購入の説明ではひとまず、PPSを推奨しましたが、そもそもこのPPLNSとPPSってなんなんでしょう。 簡潔に説明すると、受け取る報酬の計算方法になります。 それぞれの訳語は下記のとおりです。
  • PPLNS(Pay Per Last N Shares, 最新のN個の採掘のシェアに対して払い出し)
  • PPS(Pay Per Share, ハッシュレートのシェアによって払い出し)
PPLNSは採掘プールでブロックが発掘された場合に採掘報酬を分け与える方法です。成果で報酬が決まるということになります。よって、ブロックが採掘されれば高い報酬が期待できます。ただ、継続して同じプールで採掘する必要があり、ブロックが採掘されなければ報酬はゼロです。 一方、PPSは採掘能力に応じて採掘報酬を分け与える方法です。全体のハッシュレートに対する割合で報酬が得られるため、安定的な収益が期待できます。一方、長期的にはPPLNSよりも得られる報酬が少なくなる可能性があります。 どちらも一長一短ですが、まずは報酬が安定しているPPSで様子を見るのがよいでしょう。 ちなみにPPSからPPLNSに変更する場合には一度、採掘作業を停止する必要があります。 ご注意を。

Bitcoin.comのまとめ

Bitcoin.comについてまとめてみました。 いい点:
  • ジェネシスマイニング、ハッシュフレアに準じる第3のクラウドマイニング
  • 採掘報酬の分配が明確(PPS/PPLNS)
悪い点:
  • とにかく怪しい、HYIPっぽい
自分としてはリスク分散の意味合いで、多少の怪しさは度外視して投資しています。 はじめて投資される方は実績のあるHashFlareGenesis Miningが安心です。 今後、採掘結果など報告していきます。 お楽しみに。 最後になりますが、投資は自己責任で。

6 Comments

みぞん

人柱ありがとうございます。
どうやらGenesis MiningもSHA-256の再販に意欲的みたいですね。
Hashflareのおかげで他のいろんなクラウドマイニングを
注意深く比較するようになりました。
ありがとうHashflare。契約期間返せ!(笑)

返信する
ぱぱぎーく

みぞん様

いつもコメントありがとうございます!
全くおっしゃるとおりでして、ハッシュフレアが契約期間短くなって、はじめて他のを調べるようになりましたね…。
ビットコインの価格が暴落して厳しい局面ですが、今後もよろしくお願いします!

返信する
ぱぱぎーく

test1様

あら、ホントですね…。これは怪しいですね…。
もう少し調査してみます。
ご指摘ありがとうございます。

返信する
meme

質問があるのですが、今年に入って毎日の収入が激減していませんでしょうか?1/10くらいに減ってしまってますが運営に言ったほうがいいのか悩んでいます。今の状況を良かったら教えていただけると嬉しいです。

返信する
ぱぱぎーく

meme様、

はい、ご指摘のとおり激減しております。収益報告するモチベーションが保てなくなっていたのですが、再開させていただきます。しばしお待ちを。。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください