coincheckでビットコインが一時100万円越え!?原因は?

シェアする

coincheck(コインチェック)で2017年5月9日11時ぐらいに障害が発生しました。

ビットコインの価格が一時、100万円を超えるなどしたようです。

まさにTo The Moonですね!

でも、その後、ロールバックの措置が行われたようです。

スポンサーリンク
レクタングル大

コインチェックでビットコイン価格が一時100万円超え!

コインチェックのサイトを確認すると障害発生に関する報告がされていました。

本日午前11時台に発生致しました障害につきまして、ご報告とお詫びを申し上げます。

弊社Coincheck取引所サービスにおきまして、正常はでない価格が表示される障害が発生致しました。深くお詫びを申し上げますと共に、該当時間に取引をされたご利用者様に関しましては、取引前の状態へ戻す可能性がありますことをご了承いただけましたら幸いでございます。

なお、現在関連するサーバーを停止する措置を取り、入出金・売買を停止させていただいております。

“障害”というのはビットコインの価格が一時、100万円を超えるような暴騰を起こしたことを指しているようです。

その後、今回の障害(?)に対する処置が発表されました。

■本事象の対応  ※15:37詳細追記

該当時間内に成立した取引等につきましては、ロールバックの措置を執らせていただきます。障害発生時間、日本時間2017年5月9日(火)11時25分の時点へ戻す対応とさせていただきます。ユーザー登録、該当時間内で成立した取引、ブロックチェーン上に記録されていない送金等全てのアクションがロールバックの対象となり、11時25分の状態へ戻ります。

ということで、11時25分の時点に戻す対応が取れたようですね。

急騰で大儲けした人は残念でしたね…。

コインチェックの障害発生の原因は?

コインチェックの公式ブログを確認すると現時点では原因が不明とのことです。

また、本事象につきましては、ハッキング等で外部からの攻撃を受けたものではございません。ご利用者様の個人情報、並びに資産の流失はございません。

原因、復旧につきまして、現在早急にご報告の準備を進めております。

ちなみにサービス自体はすべて復旧しており、正常に取引ができる状態に回復しているようです。

コインチェック障害発生時のビットコインのチャートは?

障害発生時のチャートはすでに残っておらず、現在は障害発生期間は空白となったチャートが残っているのみとなっています。

ツイッターなどで検索すると100万円越えのチャートのスクリーンショットもいくつか見受けられました。

取引復旧直後は大きなボラティリティが発生していたようですが現在では安定しているようです。

ここ数日間でビットコインは20万円に届くなど、バブリーな状況が続いています。

この状況も長くは続かないとは思いますがそれだけビットコインをはじめとする仮想通貨全体の関心が高まっている証拠でもありますね。

コインチェックの障害まとめ

コインチェックで大規模なサービス障害が発生しました。

現在のところ、原因は分かっていませんが、コインチェック側は情報流出やハッキングなどではないという発表を行っています。

自分もコインチェックにいくらかビットコインを預けていたのですが特に問題はなさそうでした。

今後、原因が究明されればこちらに追記していきたいと思います。

私自身はコインチェックの信用性が落ちたとは思っていませんが、仮想通貨の取引ではこういった事態が起きることは想定しておいたほうがよさそうです。

管理人がおすすめする仮想通貨投資

管理人がおすすめするクラウドマイニング・取引所

HYIP(高配当投資プログラム)に詐欺が多くなかなか信用できるプログラムを見つけることは難しいです。

管理人も実際に投資をしている実績のあるクラウドマイニング HashFlare がおすすめです。
現状、収益が0なのでご注意ください。

HashFlareの詳細なレビューはこちらです。初心者におすすめのクラウドマニングはこちらもご覧ください。

また、採掘したビットコインの受け取りは最強レベルのセキュリティのビットフライヤーがおすすめです。
現在、新規アカウント作成停止中です。

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中

クリックしていただけると励みになります。

仮想通貨ランキング
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする